【忠治と忠治】

【月を見る幸吉】

【天下の侠客】

【留八時雨】
三吉屋一家の娘おまち(宝華紗宮子)は稽古の帰り道2人の頬被りをした男に襲われるのだが、その時通りがかった旅鴉・妻恋宿の留八(勝小虎)に助けられる。それが縁となり留八は客分として三吉屋一家でお世話になる事になった。 裏表のない留八は一家の為に一生懸命働いていたのだが、その姿に一家の姐御(叶夕晏)は三吉屋一家の若い衆に迎え入れたいと2人は盃をかわす。盃を交わした後も留八は変わる事なく一家のために一生懸命働いていた。その姿に娘おまちはだんだん留八に行為を寄せて行くようになり、母である姐御に一緒になりたいと伝える。姐御は納得し留八にその話をし2人は代頭・流れ星源太(不動倭)を仲人とし祝言をあげる話しを進めていた。しかし以前よりおまちに行為を寄せていた若い衆・文太郎(不動亘)はその事が気に入らず用心棒・鷲山剛蔵(心動誠)に相談し一家に火をつけてしまう。燃え盛る炎の中留八はたった1人で飛び込んでおまちを助けだすのだが。。。

【泥棒役者】