【兄妹】

 

【雨の高瀬舟】

 

 

【嵐山の夕暮れ】

 

【嵐山花五郎】
昔同じ部屋の関取で兄弟弟子の関係にあった流星ごんじ(勝小虎)と嵐山花五郎(不動倭)であったが、流星ごんじは関取稼業を辞め、ヤクザの道を歩み悪い親分となっていた。流星ごんじは向島にある茶店の婆々(叶夕晏)にはじめは少ないお金を貸すのだが、娘目当てに返済できないよう高い利子をつけ、返済できない代わりに娘(叶夕優々)をもらっていくと言い残し娘をさらっていってしまう。一方流星ごんじの弟弟子であった嵐山花五郎も又ヤクザ渡世に足を踏み入れていたのだが、その話しを聞いた嵐山花五郎は流星ごんじのもとから娘を助け出す。 その後。。。。
【美しき花】

 

【運命の歯車】

 

【江戸の人】

 

【お稲荷さん】

 

【大江戸三人男】
中川絹代(叶優々)の父・中川清左衛門は犬神新十郎(小虎)からお金を借りていたのだが、期日に返済出来ない清左衛門に対し、新十郎は返済の代わりに娘の絹代を自分の嫁にくれと求めた。清左衛門は仕方なく絹代を新十郎の元に連れて行く。新十郎のもとに連れて行かれた絹代は結婚式の当日に清左衛門の下男・兵衛也(宝華弥寿)の手助けをうけ新十郎のもとから逃げ出す。しかし、絹代は犬神の家来A(不動亘)と家来B(心動誠)に捕まってしまう。家来達に連れ戻されようとしたそこに救いの手が。。

 

【お芝居道中】

 

【男と男と爺とガキ】

 

【お祭り騒動】
祭りの寄付金を集めに回っていた佐助(宝華紗宮子)と寛太(心動誠)だったが、集めた寄付金二十五両を提灯屋の店に行った時落としてしまう。それを見つけた町内でも正直者で有名な提灯屋の主人・徳兵衛(不動倭)は、その拾った寄付金を佐助さんと寛太さんが来るまで預かっておこうと提灯の中に隠しておく。しかしその提灯を巡っての大騒動がはじまる。。。

 

【思と義理】